家族にバレずに不倫恋愛をするには?

家族にバレずに不倫恋愛をするには?
最近は芸能人の不倫スキャンダルが多く暴露され、テレビやネットで叩かれているのを目にした方も多いと思います。
世間の不倫に対する良いイメージは無いでしょうし、当然褒められるようなことではありません。

しかし、家庭内の不満によるストレスを外での恋愛により発散させたり、夫との性の不一致による不満を解消させたりと、不倫をすることにより家庭が円満になることもあるんです。
不倫と言えども節度を守れば悪いことばかりじゃなく、生活に潤いをもたらす良い効果もあるんですよね。

不倫と言えども1つの恋愛。
苦労の上にせっかく結ばれたのですから、上手く関係を維持させたいですよね。

ただ、そんな関係も家族にバレてしまっては全てが台無しになってしまいます。
強制的に関係を終わらせられてしまうかもしれませんし、大事な家族を失ってしまう可能性もありますよね。

不倫の恋愛と平穏な生活を両立するためには、家族にバレないように意識して過ごすことが大切です。
そこで家族にバレずに不倫の恋愛を楽しむために、押さえておきたいポイントについてご紹介します。


不倫がバレるきっかけとは

まずはどんなきっかけで不倫関係が家族にバレてしまうのかを見ていきましょう。

メールやLINEなどの連絡手段


当然ですが、不倫相手とのメールやLINEのやり取りの内容を見られてしまうと、大抵の場合一発でバレてしまいます。
しかも不倫相手とのメールやLINEの画面を押さえられると、不倫の動かぬ証拠を握られてしまうのでとっても危険。

「好きだよ」「愛してるよ」なんて言葉は当然アウトですし、待ち合わせを決めるためのやり取りなども怪しまれてしまいますよ。
不倫相手とのやり取りの履歴は、その都度消去するようにしたいですね。

可能ならサイトの中のメッセージでやり取りをしたり、家族は絶対に知らないフリーメールを使うなど工夫しましょう。
その場合にもサイトやフリーメールを必ずログアウトし、ネットの閲覧履歴も消すなど1つの証拠も残らないようにしなくてはならないんです。

ネットの閲覧履歴を消すとなると結構手間がかかると思うかもしれませんが、最近のブラウザには「シークレットモード」という機能がついています。
これを使うと毎回自動で閲覧履歴を消してくれるので便利です。

参考:シークレットモードの使い方とメリット・デメリット

不倫中の行動や持ち物の変化


普段通りに振る舞っているつもりでも、長年一緒に暮らしている家族に些細な変化で不倫を疑われてしまうことも。

例えば
「ずっとオシャレには興味がなかったのに、急に新しいメイク道具を揃えたり、女性らしい服を好むようになった」
「普段つけない香水をつけるようになった」
「無頓着だったスマホを肌身離さず持ち歩くようになった」
「スマホにロックをかけるようになった」

主婦の急な変化にしては不自然ですよね。

他にも不倫相手とセックスをすることで満たされるので、夫に対して求めなくなった…なども疑われる原因に。
自分で自分の変化には気が付きにくいものですが、出来るだけ不倫以前と変わらない行動を心がけたいですね。

旦那だけではなく子供が不倫に気が付くことも


一般的に男性は女性よりもパートナーの変化に気が付きにくいもの。
夫が不倫したときよりも、妻が不倫したときの方がバレにくい傾向にあるようですね。
妻が不倫をしたくなるということは、夫婦間でお互いに興味が薄れている可能性も高いので、多少の変化なら気に止まらない状況なのかもしれません。

ただし子供たちはそうではないですよ。
子供が小さかったとき、自分の些細な変化で口癖や行動を真似ていてびっくりしたことはないですか?
子供は本当に親のことをよく見ています。

「うちの子は反抗期で口もきかないから~」なんて油断するのは大間違い。
子供は親になんて興味がないフリをしていても、実はそうではないことがほとんどです。

小さな子供でも親の行動がそれまでと違ったり、違和感があるとすぐに感じとってしまいます。
疑惑が大きくなれば父親に相談する場合も…。
子供がいる人は、夫の前以上に子供の前ではいつも通りを心がけないと、すぐにバレてしまうかもしれないんです。

浮気がバレたらどうなる?

浮気がバレたらどうなる?

もしも万が一、不倫がバレてしまった時。
いったいどのようなデメリットの可能性があるのか、具体的に見てみましょう。

離婚になるかも


当然ですが、不倫がバレてしまうと離婚になる可能性があるんです。
家族が第一で離婚相手とは遊びやストレス解消のための関係と考えているなら、絶対にバレないようにしなくてはなりません。

妻が離婚を拒否したとしても、夫が離婚を希望して協議離婚となった場合には、有責である妻の意見が却下されてしまい離婚になるんですよ。
このとき、不倫をしていた確固たる証拠がなければ夫側の主張は通らないので、証拠を握られないように気を付けておきたいですね。

一方、子供の親権は妻が有責であっても、希望すれば妻が持つことができることがほとんど。
どっちに着いていきたいか自分で決めることができる大きな子供は別ですが、小さな子供にはお母さんが必要不可欠ですから。

ただし、子供を放置して不倫相手と会っていたなど、子供の面倒を見ずに遊び回っていた場合には親権は取れません。
不倫はしていても子供は大事!と思えるなら、子供を第一優先に生活しましょうね。

慰謝料を払うことになるかも


バレてもきっと離婚にはならないから慰謝料は請求されないし、離婚になっても女はお金払わないでしょ…。
なんて思っている方、甘いかもしれません。

自分の夫婦は離婚にならなくても、不倫相手の夫婦は離婚するかもしれません。
どちらかの夫婦が離婚になってもならなくても、精神的なダメージを負う不倫された側の配偶者は慰謝料を請求できちゃうって知っていますか?

その額は大抵の場合は100~300万円程度です。
簡単に払える額ではないですよね。

周りを巻き込んだり、家族に与えたダメージが大きい場合、不倫の証拠が多い場合などにはさらに高額の慰謝料を請求されてしまうことも…
やっぱり不倫はバレないようにすることを、第一に考えておかないと大変です。

自分だけではなく相手にも迷惑がかかる


家族に不倫がバレてしまうと、ここまでにお話ししたように家庭が崩壊したり、慰謝料を請求されてしまいます。
これが自分だけで済むならまだ良いかも知れないですが、不倫相手にも同じ影響が出てしまうんですよ。

妻の不倫に気が付いた夫は多くの場合、不倫相手の家族に不倫の事実を伝えるんです。
つまり自分の家族にバレてしまうと、相手の家族にもバレてしまうんですね…。
好きな人に迷惑をかけないためにも、不倫は内密にしなくてはならないですね。

逆を言えば、相手が家族にバレてしまったら、自分も家族に知られてしまうと言うこと。
お互いがお互いの家族や立場を守るために、最初からしっかりと取り決めをしておいた方が安心ですよ。

家族にバレずに不倫関係を維持するには

家族にバレずに不倫関係を維持するには

不倫を楽しむなら絶対に家族にバレてはいけないと再確認できましたね?
それではバレないために決めておくこと、覚えておきたいことをお伝えします。

家族が最優先だと相手とあらかじめ決めておく


数々の駆け引きを経て、めでたく恋愛関係になれたとしたら、不倫相手と「家族を最優先にする」ことを確認しておきます。
この関係は遊び…とお互いに自覚しておくんです。

ちょっと悲しいかもしれませんが、制限がある恋も燃えるもの。
失って辛いのは家族か不倫相手かを考えれば、取り決めをすることは難しくはないですよね。

これを最初に決めておかないと、家族を優先したときに相手に不満を言われてしまったり、相手の気持ちが暴走して周囲に関係が知られてしまうかもしれないんです。
不倫相手との恋は一時的なもの…と決めておくことで、自分の気持ちにセーブをかけておくことにもなりますね。
燃え上がりすぎた不倫の恋心は、日常を燃やし尽くしてしまいますよ。

何よりも不自然を避ける


前述の持ち物や行動による不自然さもバレる原因ですが、他にも注意したい不自然な行動が。

「パートなのにいつも残業をしている(不倫相手と会っている)」
「夫とずっと会話がなかったのに、急に優しくなった(不倫の後ろめたさのため)」
「急に友達と出掛ける回数が増えた(不倫相手と会うため)」

このような不自然な行動は、家族が疑う何よりのきっかけになってしまいます。

不倫相手と会うのは家族が全員出掛けていて、買い物に行っていた…で済まされる範囲にすると良いですね。
ただ、あまりにも近所で会っていると家族や知人に目撃されてしまうかもしれないので、気を付けたいところです。

不倫相手と会うときには、それまでの自分の行動パターンと比較して不自然ではないかをよく考えてみるようにすると良いかもしれません。

家では良い妻、良いお母さんであること


不倫相手と素敵な時間を過ごせば過ごすほど、家での生活がつまらなく思えてしまう。
そんな女性たちも少なくありませんが、それはとっても危険な状態です。

不倫相手との愛、家族愛は全く別物と理解しておかないと、どちらも両方失ってしまうかも…
そうならないために、家では良い妻、良いお母さんであることを普段から心がけましょう。

もちろん極端な変化は家族に怪しまれる原因ですから、普通でいればいいんです。
ちゃんと毎日家に帰って、ご飯の支度をしたり、掃除をしたり、家族と楽しく会話をしたり。

家にいるときには不倫相手のことを忘れるくらいの気持ちでいてくださいね。
不倫相手からの連絡を待ってスマホをチラチラ見たり、不倫相手と夫を比べて暴言を吐くなんて絶対にダメですよ!

いざというときには別れる覚悟をしておく


「夫が予定をしつこく聞いてくる」
「子供が母親の行動を見て不安そうにしている」
「家族がスマホをチェックしようとしている」

もしかして疑われているかも?!と思ったら、キッパリと不倫を止める覚悟も大切です。

疑われている段階ならそこで不倫を止めてしまい、疑う要素がなくなればそれ以上追求されないことがほとんどです。
事を荒立てたくないと思うのが普通ですから。

それでも疑われているかも…と思ったからと言ってすぐに別れるのは難しいですよね。相手も納得しないかもしれないですし。
そのために予め「疑われたら終わり」と決めておくんです。
「家族が第一」と同じように最初から取り決めをしておくことで、すんなりと関係を終わらせることができますよね。

ただ、不倫相手が元からの知り合いだとズルズル関係を引きずってしまいがちです。
不倫のパターンとして多いのが、同じ職場の男女で恋愛関係に発展してしまうというものです。
仕事で毎日会う関係だとなかなかキッパリと関係を終わらせられないんですよね。
終わりにしようと思っても、顔を見るとまた触れ合いたくなってしまう…そんなことをしているうちに家族に気付かれてしまうなんてことも。

それに比べるとサイトで知り合った相手など、元からの知り合いではなく関係を切ってしまえば二度と関わらなくて済む相手は、とても気楽に付き合うことができて、いざというときにも簡単に別れることができます。
安全を第一に考えるのであれば、不倫相手は身近なところでは探さず、サイトなどで探すと良いかもしれませんね。

多くの場合、何年も何年も決まった相手との不倫を続けるのは難しいことです。
やっぱり長く続けるほど家族にバレる可能性が高くなってしまいます。
不倫をしている罪悪感や不安感から、どうしても行動が不自然になってしまう女性も多いですし…。

ただ「バレそうになるまでの期限つきのお楽しみ」と思えば、割り切って過ごすことができるかもしれません。
いつまでもは続かない、今だけの関係と最初から思っておいて、いざと言うときにはサッパリと離れることが不倫を楽しむコツとも言えるでしょう。
それを想定して、最初から生活に直接関係しない別れやすい相手を選んでおくことも大切ですね。

家族にバレずに不倫恋愛をするにはのまとめ

家族にバレずに不倫恋愛をするにはのまとめ

不倫がしたい!と最初から思って結婚したり、恋愛する人はいないですよね。
どこかに心の隙間があって、それを上手く埋めることができるのが、たまたま旦那ではなく不倫相手だったと言うこと。

家庭が今の自分に必要な場所だと思えるなら、家族や周りに迷惑をかけずに「いいとこ取りしたい」と考えるのが普通です。
そのためには、不倫が家族にバレないことを最優先に考える必要があるんです。

「不倫相手との恋に燃え上がりすぎそう…」
「家族にバレそう…」

なんてときには、バレたらどうなるか、何が本当に一番なのかを考えて、一度冷静になってみると良いですよ。
バレてしまってはそれまでの楽しい思い出も台無しになってしまいますからね。
不倫を楽しむためには下準備や心構えも大切ということです。

一時の恋心や安らぎを、人知れず楽しんで知られないままに終わらせるようにしましょう。